教員研究テーマ一覧

  

 
教員 研究テーマ
阿部 昌樹 法実現過程の経験的研究、法の社会理論
安竹 貴彦 近世における江戸法・大坂法の比較研究、明治初年の刑事法・刑事訴訟
阿部 和文 憲法(特に、プレスの自由)
渡邊  賢 出入国管理行政と外国人の人権・公務員の労働基本権
重本 達哉 行政代執行をはじめとする伝統的な行政上の義務履行確保制度の現代的意義
高田 倫子 裁判所による行政統制、権力分立における裁判所の地位
金澤 真理 中止未遂論、社会内処遇制度の比較研究
三島  聡 警察活動の透明性、裁判員裁判の評議
松倉 治代 黙秘権、自己負罪拒否特権
徳永 元 刑事責任の基礎理論、適法行為の期待可能性論
森山 浩江 契約法および家族法
坂口  甲 日独給付障害法研究
杉本 好央 日独仏契約法制の歴史的研究
藤井 徳展 欧米各国国内法、国際条約、および国際的取引原則を対象とした契約法の比較法研究
吉原 知志 区分所有、共有、団体を通じた財産法の研究
高橋 英治 日独会社法の比較研究、ドイツ商法の継受史、コーポレート・ガバナンスの比較法的研究
小柿 徳武 企業統治における監査および開示制度
仲 卓真 同族会社と会社法、金融商品取引法
岡成 玄太 財産管理と民事手続法、当事者論
鶴田  滋 民事訴訟における多数当事者訴訟・当事者適格・判決効に関する研究
根本  到 日独労働契約法の研究
川村 行論 年金法制における資産管理・運用に関する法規範
渕川 和彦 買手独占の研究、デジタル・プラットフォーム市場の規制に関する研究
中井 愛子 国際法の形成過程、法の地域統合、国際法と国内法の関係
桐山 孝信 国際組織の活動が国際法の発展に及ぼす影響
国友 明彦 法適用通則法・ハーグ子奪取条約の解釈、国籍法
勝田 卓也 陪審制度、米国最高裁・司法制度
守矢 健一 ドイツ近現代法史研究・法の基礎理論
王   晨 民法の比較研究、中国法全般
稗田 健志 先進民主主義諸国の政治経済・社会保障政策
宇羽野明子 ルネサンス・初期近代のヨーロッパ政治思想史
野田 昌吾 戦後ドイツの政治体制、ヨーロッパ比較政治
永井 史男 東南アジアの国際関係、東南アジア諸国の中央・地方関係、タイの政治行政
手塚 洋輔 過誤と帰責をめぐる政治行政分析、戦後行政の史的研究

▲PAGE TOP