入 試

  

法学部を目指す方へ

 民主主義の質をいかにして高めるのかは国内外を問わず、現代社会の重要課題です。そのためには、民意を適切に反映する仕組みを構築するだけではなく、民主主義社会を支える高い資質を持つ市民が相当数存在する必要があります。他方において、一時的な世論の振幅や多数決原理にさえ左右されない司法部門が市民の基本的な権利を護る必要があります。

 法学部生には、法と政治についての基本的な知識を修得し、理論的な思考力を鍛え上げることによって、民主主義社会の土台を支える良き市民となり、在学中に培った専門的な知見や応用的な分析力を、卒業後のそれぞれの進路において実践的に活用することを期待しています。そのために、多様な進路に応じた3コース制度と専門演習を核とする少人数教育によって、時代の変化によって簡単に失われることのない確かな実力を身につけてもらいます。

 実際のところ、法や政治に求められるものは日々変化しています。法学部の教員も、常に新しい問題を考え続けています。私たちと一緒に様々な問題を学ぶ意欲を持つ方に、市大法学部の門をたたいて欲しいと思います。

 

入試(学部)について

詳しい入試情報についてはこちらをクリックしてください。

 

入試(大学院)について

詳しい入試情報についてはこちらをクリックしてください。

 

学費について

入学料については徴収猶予、授業料については減免・分納の制度があります。

詳しくはこちらをクリックしてください。

 

奨学金について

各種奨学金について案内しています。

詳しくはこちらをクリックしてください。

  

  

▲PAGE TOP