カリキュラムポリシー

【カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)】

1.幅広い教養と複数の外国語を身につけるために、全学共通教育科目を履修する。

2.法学・政治学の基礎を少人数の演習形式によって会得させるために、1回生前期で基礎演習を開講する。

3.法学・政治学に関する基礎的、基本的な知識の着実な習得を重視し、専門の講義科目を開講する。その際、学生が自らの関心と将来計画に基づいて科目の選択ができるよう3つのコース(下記参照)と履修モデルを示す。

4.専門演習4単位を必修とし、それ以上の履修を奨励する。専門演習では特に学生の自主的な研究と討論能力の養成を重視する。原則として15名以下の少人数教育を行う。

5.法学・政治学を外国語によって調査・研究する能力を育成するために、英独仏中国語の外国語演習を開講する。

6.総合大学である利点を生かし、文系他学部の専門科目の履修も一定範囲で認める。

 

★学生のキャリアデザインを見据えた3コース制(1年次終了時に選択)

司法コースのコンセプト(目標):

将来の法曹をめざしてロースクール進学を希望する者や裁判所職員、司法書士などをめざす者が、伝統的な法律科目の修得を通じて法的思考力を養い、法律実務の基礎となる能力を育成する。

 

行政コースのコンセプト(目標):

国家・地方公務員などをめざす者が、伝統的な法律科目を修得するとともに、政治・行政学関連科目の履修を通じて政策立案能力を育成する。

 

企業・国際コースのコンセプト(目標):

民間企業やジャーナリストをめざす者が、法律科目だけでなく、政治学や国際関係法などの幅広い社会科学的知識を習得することにより、社会的感覚と現実的な政策マインドを育成する。

 

各コースに「コース基本科目」「コース標準科目」「コース展開科目」を設定し、学生が履修計画を立てる参考に供している。[履修コース別科目表]参照。

 

[履修コース別科目表]

▲PAGE TOP