『法学雑誌』沿革

  

法學雑誌

1953年4月、法学部独立を契機として、特に若手教員の要望により、『法学叢書』の刊行と平行して季刊の雑誌を刊行する気運が高まった。そして翌年3月『法学雑誌』創刊の運びとなった。それ以来、

 

「これに収める内容は法律学及び政治学の各分野にわたり、また、その学問的傾向態度にもそれぞれ執筆者の個性が出るであろうが、われわれの目標とするところは、ただ自由な研究を通じて真理に近づくことである」

 

という創刊の言葉の趣旨にそって、『法学雑誌』は、自由にしてしかも厳しい学問的雰囲気の中から生み出されてくる数多くの論文に随時発表の機会を与え続けて、今日に至っている。

 

創刊後ほぼ1年の間に、すなわち第1巻1号から4号までのいずれかの号に、当時の教員のほとんどが論文を掲載した。こういう点にも、長老教授達の熱意と新進研究者達の意気込みが渾然一体となって学部作りにつとめていた当時の状況がよく看取される。

 

▲PAGE TOP