カリキュラム概要(平成25年度以降の入学生)

  

カリキュラム全体像 [一覧表・PDF 約74K]

履修モデル [一覧表・PDF約108K]

 

法曹養成専攻カリキュラム

| 修了要件

3年標準型修了要件

94単位

(必修:62単位 選択必修:22単位 自由選択:10単位)
2年短縮型修了要件

64単位

(必修:32単位 選択必修:22単位 自由選択:10単位)
 法学既修者については、30単位を修得したものとみなされるため、法学既修者の修了要件は、64単位(必修:32単位 選択必修:22単位 自由選択:10単位)となる。
1年次必修単位数

30単位

 
 課程修了に必要な自由選択としての10単位は、選択した科目以外から自由に選択できる(ただし法律基本科目以外の科目を2単位以上含まなければならない)。

 

 

 || カリキュラム全体像

(a)法律基本科目 54単位必修(◎印) 16単位自由選択(○印)
 公法系(憲法・行政法など)10単位必修 4単位自由選択
 1年次前期 人権の基礎理論 2単位
 1年次後期  統治の基本構造 2単位
 2年次前期 行政活動と法
公法総合演習Ⅰ (憲法訴訟論)
2単位
2単位
 2年次後期 公法総合演習Ⅱ (行政救済論)  2単位
 3年次前期 憲法訴訟理論の展開 2単位
 3年次後期 公法理論の展開 2単位
 民事法系(民法、商法、民事訴訟法など)32単位必修 8単位自由選択
 1年次前期 民法Ⅰ(民事取引法の基礎1)
民法Ⅱ(民事取引法の基礎2)
4単位
4単位
 1年次後期 民法Ⅲ(法定債権関係の基礎)
商法(企業組織法)
民事訴訟法Ⅰ(判決手続の基礎)
2単位
4単位
4単位
 2年次前期 民法IV(家族法の基礎)
民法総合演習Ⅰ(民事取引法総合演習1)
商法総合演習Ⅰ(企業組織法)
民事訴訟法Ⅱ(複雑な訴訟・上訴)
2単位
2単位
2単位
2単位
 2年次後期 民法総合演習Ⅱ(民事取引法総合演習2)
商法総合演習Ⅱ(企業取引法) 
民事訴訟法総合演習
2単位
2単位
2単位
 3年次前期 民法理論の展開Ⅰ
民法理論の展開Ⅲ 
商法理論の展開
2単位
2単位
2単位
 3年次後期 民法理論の展開Ⅱ 
民事法総合演習(実務民事法総合演習)
2単位
2単位
 刑事法系(刑法、刑事訴訟法など)12単位必修 4単位自由選択
 1年次前期 刑法ⅠA(刑法総論) 2単位
 1年次後期 刑法ⅠB (刑法総論)
刑法Ⅱ (刑法各論)
刑事訴訟法
2単位
2単位
2単位
 2年次前期 刑事訴訟法総合演習 2単位
 2年次後期 刑法総合演習
刑事法総合演習
2単位
2単位
 3年次前期 刑事法理論の展開 2単位
(b)法律実務基礎科目 8単位必修(◎印) 4単位選択必修(*印)
 2年次以上の学生に対して開講される。
 法曹としての責任感・倫理観を涵養するための教育内容
 2年次前期 法曹倫理  2単位
 法曹としての専門的技能の教育内容
 2年次前期 民事訴訟実務の基礎 2単位
 3年次前期 刑事訴訟実務の基礎
公法系訴訟実務の基礎 
法文書作成
弁護実務基礎論(ロイヤリングを中心に)
2単位
2単位
2単位
2単位
 3年次後期 民事模擬裁判
刑事模擬裁判
中小企業向け法律相談
2単位
2単位
2単位
     
3年次前期の春休み
または
3年次前期の夏休み
エクスターンシップ 2単位
(c)基礎法学・隣接科目 4単位選択必修 (*選択必修)
 外国法を含む基礎法学科目
 1年次以上 法社会学
法哲学(隔年開講)
日本法制史(隔年開講)
英米法
中国法
ドイツ法(隔年開講)
2単位
2単位
2単位
2単位
2単位
2単位
(d)展開・先端科目 14単位選択必修 (*選択必修)
 1年次以上 刑事政策(隔年開講) 2単位
 2年次以上 租税法
環境法
破産法
消費者法
労働法
社会保障法
経済法
知的財産法Ⅰ
国際法(隔年開講)
国際経済法(隔年開講)
国際取引法(隔年開講)
国際財産法
国際家族法
国際民事手続法
国際人権法(隔年開講)
2単位
2単位
2単位
2単位
4単位
2単位
2単位
2単位
2単位
2単位
2単位
2単位
2単位
2単位
2単位
 3年次以上 金融・保険法
民事執行・保全法
民事再生・会社更生法
倒産法演習
労働法演習
経済法演習
経済法発展演習
知的財産法Ⅱ
知的財産法演習
国際法演習
中小企業法
2単位
2単位
2単位
2単位
2単位
2単位
2単位
2単位
2単位
2単位
2単位

→カリキュラム概要(平成24年度以前の入学生)はこちら

▲PAGE TOP