修了生の声

  

住友精化株式会社 総務人事室
相良拓美


私は、市大ロースクール修了後、東証一部上場の化学メーカーに就職しました。企業法務でしか味わえないようなスケールの大きい仕事に携わってみたいと思ったからです。入社以来、法務グループの一員として、契約書審査や法律相談のほか、取締役会の事務局や株主総会の運営など幅広い業務に携わっています。
企業法務として最も興味深い点は、生のビジネスに触れられることです。企業法務は契約書の条項だけをチェックすればよいというものではありません。常にビジネススキームを確認しながら、実態に即した法的アドバイスをするよう心掛けています。
市大ロースクールでは、気さくな先生方と熱い仲間達に囲まれ、切磋琢磨した環境で勉強に取り組むことができました。少人数制ということもあり、先生や仲間と議論を重ねる場が非常に多くありました。今でも上司や部下、他部署、取引先と議論する機会が多々あり、論理的思考力を仕事に活かせられていると感じています。
皆さんが市大ロースクールで懸命に勉強され、法曹や企業法務としてご活躍されることを心から応援しています。

 

 

 

弁護士
植山 直子


私は、市大ロースクールを卒業し、その卒業年に司法試験に合格して、現在、弁護士として民事、刑事問わず幅広く事件に携わっています。そして、どんな事件を扱う際にも、必ず行うことがあります。それは、類似案件の裁判例検索を忘れないということです。
私が裁判例検索を怠らないのは、多方向から事実を検討することができる、すなわち、思考の視野がひろがるからです。当事者が話す生の事実の持つ意味合いをより深く検討できるからです。
このようなやり方が身についたのは、市大ロースクールで、しっかり基本を叩き込まれたからです。
市大ロースクールでは、どの科目においても、何故、判例がそのような結論を示したのか、反対意見はなかったのか等、判例を深く検討しそして、授業での議論に疑問点があれば当然のこと、それ以外の疑問点等についても、司法試験に関係することは何でも親身になって、先生方や先輩方が協力してくださいました。また、各々の学生が要望するゼミに協力してくださる等、本当に充実した2年間を過ごさせていただきました。
そのため、しっかりと司法の基本が身につき、司法試験のみならず、実務に就いても身についた基本が役立っています。
法曹を目指されるなら、このように、司法の基本を学ぶ環境が整っている市大ロースクールで、是非学んでいただきたいと切に願います。

 

 

検事
寺嶋 高志


私は、平成26年12月に検事に任官しました。検事として、刑事事件の捜査と公判に従事しています。
市大ロースクールは、少人数制ということもあり、学生同士の縦横のつながりが強いのが特徴だと思います。実際に、私自身、司法試験合格後も市大ロースクールの友人らとよく連絡をとっています。また、先生方と学生の距離が近いのも市大ロースクールの魅力の一つです。疑問点があれば、納得するまで議論に付き合ってくださったのを今でもよく覚えています。
さらに、市大ロースクールでは、国公立大のロースクールでは珍しい成績優秀者に対する特待生制度があります。定期試験の成績と司法試験の合否は関係ないと思っている人もいるかもしれませんが、日々の授業内容を理解することが司法試験合格やその後の仕事にも直結するので、特待生制度をモチベーションのひとつにすることができます。
皆さんが、市大ロースクールの環境を活かして、法曹など各界で活躍されることを祈っています。

 

▲PAGE TOP