在学生の声

  

ロースクール在校生インタビュー(2019年)

参加者(学年、出身大学、学部)
A:未修3年、龍谷大学・法
B:既修2年、中央大学・理工
C:未修2年、近畿大学・法
D:未修1年、兵庫県立大学・環境人間


◇志望動機・クラスの雰囲気

A:まず大阪市立大学のロースクールに入った動機と、雰囲気など実際の印象を教えていただければと思います。
B:奈良県からも通いやすいので志望しました。雰囲気はとても和やかで、先生も優しいですし、学生の顔と名前をだいたい覚えてくださっていて、すごくいい環境だと思います。市大ロースクールの印象ですけど、社会人の人がとても多いなと。社会人で入っても頑張っている人がたくさんいるなという印象を受けました。
C:市大のロースクールを選んだ理由は三つあって、一つ目は家から1時間以内で通えること、二つ目は学費が他の学校と比べて安いこと、三つ目は希望者が全員エクスターンシップに参加できるということです。雰囲気で気に入っているのは、先輩と後輩との距離が近くて話しやすいから、いろいろアドバイスをもらえるという点です。
D:私も皆さんと一緒で、まず家から一番近いことが良かったです。Cさんが言っていたみたいに学費も安いし、入学金が無料というのもすごい魅力的でした。志望動機ですが、私は他学部だったのですが、就職活動を続けていく中で、会社員になるよりも、資格を取って人の役に立ちたいと思って、弁護士を志すようになりました。
A:志望動機は、まず市大の法学部に来たくて高校時代に勉強していて、残念ながら市大には受からなかったんですけど、学部のときに「ロースクールに入りたい」とゼミの先生に相談したところ、市大の先生がすごく優秀な方が多くて、法曹に多くの方がなっているということで、市大のロースクールを志しました。先輩と後輩の距離が近く、学年同士の仲も良くて、みんなでご飯に行くこともあり、すごくいい雰囲気で勉強できていると思います。

 


◇授業

A:次に授業についてはどうですか。
B:私は理系出身ですので、法学部の授業は受けたことがなくて、初めてロースクールで法律の授業を受けることになりました。法学部の授業とは、きっと違うとは思うんですけど、先生がちょくちょく指名してきて、それに答えるというソクラテスメソッドの授業がとても印象的で、やる気を駆り立ててくれる授業だと思います。
C:学部と違うなと思ったのは、予習をしたほうが授業を受けやすくなるという点で、実際にちゃんと予習をしておけば、授業中に頭に入る知識量が変わってくるので、学部よりもロースクールのほうが、ちゃんと身に付いてきているなという感覚はあります。
A:Dさんは半年間勉強してどうですか。
D:私の場合、未修というのもあって、法律系の教科書ってすごく読みにくいものが多いんですよ。それを授業で先生が口頭や図に書いて説明してくれるというのは独学ではできなかったことだし、あと授業で分からなかったところをすぐに先生に質問できて、答えが返ってくるというのは、すごくいいなと思います。どの先生も同じように対応してくれてありがたいです。
A:学部のときは一つの論点について検討するような授業が多かったんですけど、ロースクールの授業では実務家になったときに問題をどのように解決していくかということを、民法なり商法なり、あらゆる法律を使いながら、どう解決するかを一から順番に組み立てていく。そこが学部との違いかなと思いました。学年が上がるにつれて、契約書や訴状などの、書面を作成するという授業が増えていくので、より法律家、法曹につながっていくんだなと感じます。
D:訴状とかって、いきなり書き方って分かるものなんですか。
A:だいたい先生が書いたお手本みたいなものがあって、それを参考にしながら、ある事案の資料が渡されて、自分で書いていくという形です。
D:それを提出して先生に添削してもらえるんですか。
A:添削するパターンもありますし、全体の講評の中で「この書き方が良かったです」とか、「この書き方はちょっとまずいです」とか解説してくれるパターンもあります。自分の書いたものが授業内で出てきたりすると、これは書き方として良かったんだなとか、これはだめだったんだなということが分かるのでいいです。
D:いいですね。

 


◇アカデミック・アドバイザー(AA)制度

A:では、次にアカデミック・アドバイザーの制度が、市大のロースクールで独特の制度であると思うんですけど、皆さん、利用されていますか。
B:私は、帰宅時間の関係から、答案の提出のみ利用しているんですけど、答案を出したらしっかり採点されて返ってきますので、とても役に立つ制度だと思います。
D:毎回は出席してないんですけど、例えば、AAの方が、憲法の定期試験の過去問をやってくれる回がありました。「じゃあ、答案を書いてきてね」と言われて答案を書いて、それを先生が添削してくれるというのがあって、すごい助かったんです。というのも、答案を書いたことがなくて、何から書くべきなのか分からない状態だったので、AAの方が「こういう順番で書いたらいいよ」とか、「ここはもうちょっと具体的にしたらいいよ」とか答案のルールを教えてくれて、それはすごい助かりました。
A:私は、3年間、全部ではないんですけど、ちょっとずつ行っていて、1年生のときはDさんと同じように、AAの先生に添削してもらって書き方が分かったかなという感じでした。2年生のAAでは、司法試験の問題のうち、「第1問の設問1だけ解いてきてね」と言われて解いて、答案を出して、解説してもらって、解いてない問題についても一つずつ教えてもらってという形でした。3年生のAAは、司法試験の問題を、例えば「平成30年度の問題の民法を解いてきてください」と言われて、AAの時間の前に2時間ぐらいで答案を作成して、AAの時間に先生のところに持って行く。添削してもらえるのは一部なんですけど、対面式で、その場で添削、解説してくれるので、聞きたいことがすぐ聞けてすごく有用かな。全部ではなくても、どれか一つとか二つとかは絶対に行ったほうがいいと思います。

 


◇エクスターンシップ

A:エクスターンシップですけど、僕は10日間行ってきました。行ってきて、絶対にエクスターンシップは行ったほうがいいと思います。これは他の大学だと成績優秀な人とか上位何名とか限られていたりするんですが、市大は希望すれば基本的に全員参加することができるので、このチャンスを逃すのは惜しいと思います。僕は検察官志望なので、元検察官の先生の事務所に行かせていただいたんですけど、法廷に先生と一緒に行くことが多くて、ほぼ先生と一緒に行動させてもらって、法廷があるときは傍聴席で見ていることが多かったです。裁判の尋問の様子だったり、証拠の提出の仕方とか、裁判官とのやりとりや、相手の代理人とのやりとりとかを、逐一説明されるわけではないんですけど、姿を見せてもらうことで、こういう世界なんだなということを、身をもって体感できたので、すごく良かったなと思います。あと、先生に「この知識、知ってる?」と聞かれることも多くて、実際に訴状を書いたり、事件の意見書を書いたりというところで、その知識が生かされていたりするので、普段の勉強も絶対に疎かにしたらいけないなと思いました。エクスターンシップを経験して、自分も法律家になれたら、こういう世界に入っていくということが分かったかなと思います。
B:先輩のお話を聞いて、より一層エクスターンシップが楽しみになってきました。エクスターンシップに役立つ知識を後期の授業で勉強していこうと思います。
C:質問なんですけど、エクスターンシップの行き先というか、どういう系統の法律事務所に行けるかというのは希望を出せるんですか。
A:行き先は、自分が検事志望、弁護士志望というのを書くのと、どんな事件を見てみたいのか、あとは、場所の希望を出します。同級生に聞くと、みんな自分がやりたい仕事とか見たい事件を見れたと言っているので、だいたい希望は通るのかなと思います。
C:楽しみです。

 


◇自習室、資料室

A:市大のロースクールでは、大学院生が使える自習室と、法律の本や法律雑誌を置いている資料室がありますが、皆さん、どういう利用の仕方や勉強の仕方をされていますか。
B:私は、基本的に自習室は荷物置き場にしています。勉強をするときは一人で、資料室で勉強します。本がたくさんありますし、雑誌もだいたい探せばすぐ見つかりますし、とてもいい環境だと思います。豊富な資料に囲まれて勉強が進むと思います。他には学情センターの地下に猛烈に古い昭和時代の本とかを探しに行ったりすることもあります。
C:私は主に自習室で勉強しているんです。家だと周りにテレビとか漫画とか誘惑がすごく多いし、すぐに寝れる状態だと絶対に勉強できないので。学校に来ていて、かつ自習室に来ている人が他にもいる環境だと、私もやらないとというモチベーションにもつながるので、自習室が一人一席あるというのは、ありがたいなと思います。
D:私も結構自習室使っています。夏休みだとだいたい8時から夜の9時半までとか。夜10時まで開いていて杉本町駅から近いので、助かっています。
A:通学に片道2時間ぐらいかけているので、通学の電車の中では短答の本だったり、薄い問題集とか、参考書を通読しています。授業と授業の合間に2~3時間ぐらいあったりすると、自習室で予習や、次の授業の準備をしています。あとは2年生、3年生になってくると、レポートや書面を書いたりするのに、膨大な資料が必要なので、資料室に行って、法律雑誌とか、自分が持ってない教科書や参考書を見たりしています。自習室がオートロックなので、セキュリティ面でもすごく安心で、利用にはすごく役立つと思います。
D:Wi-Fiがあるのも便利です。
A:そうですね。あとは共有のパソコンがあるので、パソコンを持ってくるのが面倒なときには共有のパソコンを使って調べ物や書き物をしたり、先生とメールのやりとりをしたりとかできるので便利です。

 


◇将来目指す法曹像

A:将来、目指す法律家とか法曹像とか、皆さん、何か決まっていたり抱いていたりしますか。
B:入学前は、ビジネスに特化した弁護士を目指していたんですけど、大学で法曹倫理の勉強をしていくうちに、弁護士が単なるビジネスの資格ではなく、人権保護だとか人の権利を守っていくという、すごく社会に役立つお仕事だということに気付きました。ですから、単なるビジネスではなくて人権とかを擁護していく、高い倫理観を持った弁護士として活躍していきたいと思います。
C:私は弁護士を目指しているんですけど、普通、人って日常生活を送っているときに、強く法律を意識しながら毎日を過ごすことはないと思うんです。そうすると、いざ法律問題が自分に降りかかったときに、どんなに小さい問題でもすごく不安になって、何日間も不安な状態で過ごしてしまうと思うんです。そういう人たちの不安を取り除いて、明るい未来を照らせるような弁護士になりたいです。去年、特に入学したばかりのときは、授業を受けながら単位は取れないんじゃないかと不安でしたが、諦めずにやっていたら、結果、思っていたより単位が取れたりとか、いい結果もあったりしたので、最後まで諦めずに頑張りたいなと思います。
D:人の力になりたいというのが根幹にあります。それを実現するために目指すのが検事なのか、弁護士なのかはまだ決めていませんが、エクスターンシップやいろんな講義を取って決めていきたいなと思います。これからも頑張ります。
A:僕は法学部だったんですけど、ちゃんと腰を据えて法律を勉強するというのはこういうことなんだなと気付かせてもらったので、本当にロースクールに入って良かったなと思います。法律家になりたいなと思ったきっかけは、ドラマの『HERO』を見て、単純にかっこいいなと憧れを持ったことです。高校のときに検察官に会う機会があって話を聞いたときに、自分もこの職に本当に就きたいと思いました。検察官になりたいと思ってロースクールに来たんですけど、ロースクールで弁護士の先生や研究者の先生に話を聞いていくうちに、検察官になるにしても多くの知識や経験を積んでいかないといけないなと思いました。実務についても少しずつ触れるようになって、さまざまな角度から物事を見ていく大切さも知ることができました。自分が法曹になったときに、さまざまな角度から物事を見て、一つのことに集中し過ぎず俯瞰して物事を見ていけるようにしたいと思います。司法試験に合格するのは一番なんですけど、これまでの努力が無駄にならないように一日一日、大切に過ごして勉強できたらいいと思ってます。仲のいいロースクールなので、みんなで助け合いながらやっていきたいと思います。

 

(開催 : 2019年)


バックナンバー  →2018年  →2017年  →2016年 →2015年 →2014年 →2013年9月 → 2013年5月

▲PAGE TOP